診療案内

糖尿病診療

糖尿病診療について

日本の糖尿病患者は糖尿病予備群とあわせて約2,000万人と推計され、中高年以降に多い傾向があります。

糖尿病による高血糖状態が続くと、糖尿病固有の合併症である網膜症・腎症・末梢神経障害を発症し、更には透析、失明や、下肢切断に至ります。また、狭心症や脳卒中などの脳血管疾患の発症・再発リスクや、新型コロナウイルス感染症などの感染・重症化リスクが高まります。

私は、糖尿病を含む「代謝・内分泌疾患」を専門とする内科医です。これまで母校である聖マリアンナ医科大学の代謝・内分泌内科医局員として15年間、その内大学院卒業後10年間は助教として糖尿病の研究に携わり、また、近年は日本糖尿病学会研修指導医、日本内分泌学会の内分泌・代謝科指導医として専門医育成の一端に関わって参りました。そして、2020年からはパークシティクリニックの院長として、糖尿病を含む生活習慣病の治療を中心に診療にあたっています。

糖尿病は、自覚症状を来すことが少ない発症から5年間までの診断と適切な治療が、その後の合併症の発症防止に大きく影響する病気です。ぜひ、当院への通院を通じて糖尿病の知識を深めていただき、不安を解消し、快活な生活をお過ごしください。

糖尿病とはどのような病気

糖尿病が最初に書き記されたのは紀元前1,500年頃の古代エジプトの処方集である“PapyrusEbers”と言われています。また、紀元前6世紀頃にインドのSushrutaは「スシュルタ集成」に糖尿病と思われる病気を記載しています。古代インドでは糖尿病を「蜜の尿」と呼んでおり、糖尿病患者の尿は甘いことが指摘されていました。

さて現在、糖尿病は「体内のブドウ糖を有効に使えずに血糖値が高くなった状態」と定義されています。これには、「インスリン」というホルモンの作用不足が関係しています。

私たちが摂る食物の栄養素には、炭水化物・脂質・たんぱく質がありますが、多くの人はこの中で炭水化物を最も多く摂取しています。主食であるごはん、パン、麺類に含まれる炭水化物は消化によってブドウ糖となり、小腸から吸収されると血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなります。次に、血糖値の上昇を膵臓が感知するとインスリンを血液中に分泌します。インスリンには血液中のブドウ糖を筋肉や脂肪に取り込ませる働きがあるため、健康な人の血糖値は食前後で70-140mg/dLに保たれます。

尚、血糖値100mg/dLは血液1dL(100mL)中にブドウ糖が100mg溶けている状態です。成人の体内で循環する血液量は約5Lですから、健康な人で5g前後しか、血液中にブドウ糖は溶けていないことになります。

しかし、糖尿病の人ではインスリンの作用不足によって血糖値が増加します。インスリンの作用不足には、インスリンの分泌自体が少なくなるタイプと、インスリンの効果が少なくなるタイプがあります。そして、インスリン分泌が全く無くなる場合を「1型糖尿病」と呼び、インスリンの分泌と効果の両者が少なくなる場合を「2型糖尿病」と呼んでいます。また、肝臓・膵臓の病気や、インスリン以外のホルモンに係わる病気、治療薬によって引き起こされる二次的な糖尿病や、妊娠中におこる糖尿病もあります。いずれの場合も血糖値の増加が、全身にさまざまな影響を与えます。

糖尿病の検査

糖尿病の診断や治療の評価には、採取した血液や尿によるさまざまな検査が用いられています。血糖測定の以外の例として、HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)や尿糖の測定が挙げられます。

HbA1cは、過去1-2か月間の血糖値の平均を反映する指標で、糖尿病の診断や治療の効果を見立てるのに役立ちます。HbA1c6.5%以上かつ空腹時血糖値126mg/dL以上(食後血糖値では200mg/dL以上)の場合に糖尿病と診断されます。

尿糖検査は試験紙を用いる方法が一般的で、グルコースオキシダーゼ法(試験紙法)と言います。尿糖は血糖値が160-180mg/dL以上で出現し、試験紙法では陰性から3+までの段階評価が可能です。患者さんが食後に来院された際に血糖測定と組み合わせることで、食後の血糖変動を推測する上でも役立ちます。

また、糖尿病の合併症予防にはHbA1c値の改善のみならず、血糖変動を解消することが重要です。そのため、最近では最長2週間に渡り血糖値を推計できる持続糖濃度測定器(CGMS)を活用する機会が増えてきました。検査に用いる500円玉大のセンサを上腕に装着する際の疼痛は軽微で、測定中の違和感や日常生活に制限は無く、入浴や運動も可能です。24時間の血糖推移を可視化することは、食生活の見直しに有用なだけでは無く、治療薬による就寝中や無自覚性の低血糖を検出することが期待出来ます。

CGMS検査の保険適応には施設基準が設けられており、当院の患者の皆様には、私が兼務しております聖マリアンナ医科大学東横病院生活習慣病センター(武蔵小杉)において検査を受けていただいております。

糖尿病診療

スタッフの紹介

診療カレンダー

看護スタッフ募集

フォトギャラリー

健康サポート

パークシティクリニック

〒212-0054
川崎市幸区小倉1-1
パークシティ新川崎
クリニック棟217
電話:044-541-6161
Fax :044-541-0480

詳しい地図を見る

診療時間

通常診療
午前 09:00 ~ 12:00
午後 16:00 ~ 18:00

新型コロナウイルスワクチン予防接種
午後 14:00 〜 16:00
(予約制)

内視鏡検査
第1・第3土曜午前

開院時間

午前 08:30

最終受付時間

午前 11:30
(ワクチン接種準備の為)
午後 17:30
(緊急時を除く)

休診日

月曜午後(大学診療)
水曜終日(集団接種会場、他)
日曜・祝日